破砕・​焼却施設

最終処分、再生利用までの中間処理も施設内にて一括処理が可能です。


工事現場から発生したコンクリート殻等は破砕機にかけたのち路盤材として再生利用します。

焼却炉は環境保全に則しバグフィルターを通しダイオキシンの排出削減に​取り組んでいます。

​破砕プラント

■設備の概要
・MC230自走式破砕機
  (新キャタピラ三菱)2台
・機械質量2,980㎏
・エンジン出力123kw(167PS)
・処理能力
  (コンクリートガラ)60~176t/h

​バッチ式焼却施設

​バッチ式焼却施設

​大気汚染0を目指し、無害化・減容化を実現。

バグフィルター(集塵装置)により廃棄物の減容化、

大気汚染の​防止(DXN対策)と環境対策を行い、

適切な廃棄物処理に努めています。

■設置場所及び設備の概要
 設置場所 広島県東広島市黒瀬町津江1846番地
 設置年月日 平成2年6月29日
 処理能力 紙くず及び木くず3,000kg/時
 
 平成14年度ダイオキシン規制適合
本社:広島県東広島市黒瀬町津江1845
TEL.0823-82-7520 FAX.0823-82-7538
Copyright © koyokensetsu. All rights reserved.